転職で感じやすいC言語の仕事のギャップ

,

IT業界では転職によって新たな職場に赴き、自分がよりやりたい仕事を探して従事していく傾向があります。新たな職場で新しい経験を積むことによってエンジニアとしての能力を高めつつ、キャリア構築もしていくことができるのが魅力です。
将来的に活躍したいエンジニアがよく選ぶ道ですが、自分が基軸とするスキルを持っていることがキャリア構築をする上で重要になります。C言語を使えるのはエンジニアとして重要なものであり、飛躍的に活躍できる現場を増やすことが可能です。
しかし、職場をかえて仕事をしているとギャップを感じることがしばしばあります。仕事の幅が広いのはC言語を使えるときの魅力ですが、それゆえに現場によって要求されるないようにも大差があるのです。開発の仕事だけに限ったとしてもソフトウェア開発系、組み込み系、ネットワーク系などに大まかに分類することができ、それぞれが扱うハードが異なります。
ハードについての理解も深めなければC言語での開発は効果的に行うことができないため、転職する度にハード面を学び直さなければならなくなりがちです。同じ分類の現場で働いていたとしても扱っているハードが異なることが多く、開発に際して大きなギャップを感じざるを得ません。
また、C言語による開発そのものでも現場でのコーディングの慣習が違うのに慣れなければならず、普段から行っていた方法を一新しなければならないことが多いのはC言語ならではの特徴です。